引き続き過去話です。
結局、おっぱい拒否されたまま退院しました。


退院の日、助産師さんに「おっぱい拒否されたままで今後どうすればいいのでしょうか…」と相談。

「いつかは飲んでくれるかもしれないから、飲んでくれなくてもおっぱいはあげ続けて。先にちょっとミルクをあげて落ち着いてから、おっぱいあげてもいいかもね」というアドバイスを頂きました。

(残念ながら先にミルクをあげる作戦は娘には効果無しでしたが…)


「いつかは飲んでくれる」その日を信じて、とりあえず母乳は搾乳したものを哺乳瓶であげることにしました。



電動搾乳機いい

手で絞るとすぐ痛くなるので妹が貸してくれて、本当に助かりました。


ちなみに産後直後は里帰りしていたので、搾乳中は父や母が娘を見てくれました。
ありがたかったです

でも、赤ちゃんが飲んでくれないと中々母乳量は増えず、少量を必死で毎日搾乳してました。


「それほど量も出ないのに搾乳する意味があるのか?」自問自答をしつつ、搾乳が終わり娘の面倒をみてくれていた父の元へ行くと…



もうね、こんな事言われたら泣くわ
さすがに親の前で泣きたくなかったので耐えましたけどね。笑


産後であちこちが痛むボロボロの体
昼夜関係なく赤ちゃんの世話で満足に眠れない毎日
初めての育児に失敗、心配の連続で擦り切れそうなメンタル
搾乳しても中々増えない母乳量


この状況でマイナス思考一直線になってしまい、「こんなダメな私が本当にこの子を育てられるんだろうか?私が親でいいの?」
と考える日々。


さらにおっぱい拒否されると、私自身が娘に拒否されているような感覚になり「私のこと嫌いなのかな…?」と考えたりもしていたので「量は関係ない。ママが頑張ってくれて嬉しいと思う」という言葉は本当に嬉しかったです…!


でも搾乳を続けるか、搾乳をやめてミルク育児にするかまだまだ悩む私でした
続きます。


Twitter @ariko_hiyokko

ランキングに参加しています
ポチっと押して頂けると励みになります!