抗がん剤を初めて投与した日のお話です。
その① 子供たちにパワーをもらいいざ病院へ!
その② 白血球数を上げたい!でもまさかの注射1本3万円!?
その③ これから起こる副作用に対しての事前対策
主治医から抗がん剤のゴーサインが出て診察室を出ました。
export
export
export
export
診察室を出たら看護師さんが声をかけてくださり、化学療法室(抗がん剤などがん治療の点滴や注射などを行うところ)へ見送ってくれました。

体調や精神的な面のこと子供のことなども気にかけてくださり、思わず泣きそうになりました😭

初めての抗がん剤で緊張や不安があったので、看護師さんの優しさが嬉しかったです。

化学療法室へつくと点滴内容の確認や心電図をつけたりと着々と準備が進み…

そしていよいよ点滴開始。
最初に生理食塩水を流して血管に痛みなどないか確認して、パージェタ(分子標的薬)という薬を開始しました。

続きます。
--------------------
◼️乳がんが見つかり抗がん剤が始まるまでの話↓
乳がんが見つかった話(乳がん検査) ①~⑫
乳がんが告知された日 ①~⑤
乳がん治療方針が決まるまでの話①~⑫
抗がん剤開始前の1週間①~⑫
--------------------
▼2つのランキングに参加中です。応援クリック頂けると更新の励みになります!


にほんブログ村 漫画ブログへ

▼LINEにブログ更新のお知らせが届きます


▼Twitterでブログ更新情報もお知らせしてます


▼Instagramでブログ過去記事を載せてます
export