抗がん剤を初めて投与した日のお話です。
前回の話↓

採血結果に問題はなく抗がん剤にゴーサインが出ました。
そして主治医からはこれから起こるであろう副作用の話に…
export
export
export
export
※白血球減少の副作用に対しての対応方法は、あくまで私の場合です。
病院や先生、治療法などで変わってくるかもしれないです。

そして私が選んだのはフィルグラスチム。

フィルグラスチムは1週間後に採血が必要でしたが、ジーラスタは保険適用の3割負担があっても1回3万円と聞いてためらってしまいました。。

ただ、このときはフィルグラスチムを選びましたが、この先抗がん剤を何度かした中でジーラスタも打ったことがあります。

ジーラスタを打ったときの話はまたいずれ!

▼2つのランキングに参加中です。応援クリック頂けると更新の励みになります!


にほんブログ村 漫画ブログへ

▼LINEにブログ更新のお知らせが届きます


▼Twitterでブログ更新情報もお知らせしてます


▼Instagramでブログ過去記事を載せてます
export