抗がん剤を初めて投与した日のお話です。
その① 子供たちにパワーをもらいいざ病院へ!
その② 白血球数を上げたい!でもまさかの注射1本3万円!?
その③ これから起こる副作用に対しての事前対策
その④ いよいよ点滴開始
その⑤ 点滴中会いにきてくれた人たち
その⑥ 抗がん剤前に聞こえてしまったお隣さんの会話
その⑦ 喉の違和感…いったん止められた抗がん
その⑧ ナースコールする前に看護師が気付いた理由

生理食塩水→パージェタ→ハーセプチン→吐き気止め→ドセタキセルの点滴が終わり…
export
export
export
export
こうして約5時間半の点滴は終わりました。

入院ではなく日帰りなので点滴が終わり、お会計して終了。

フラフラしながら、処方された薬をもらいに薬局へ行きました。

精神的にも疲弊していたし、抗がん剤の副作用が酷ければ病院へ戻る可能性もあったので実家に泊まらせてもらい本当にありがたかったです😭

体は疲れていたけど副作用のことなど不安になってしまい、この日はほとんど眠れませんでした。
--------------------
◼️乳がんが見つかり抗がん剤が始まるまでの話↓
乳がんが見つかった話(乳がん検査) ①~⑫
乳がんが告知された日 ①~⑤
乳がん治療方針が決まるまでの話①~⑫
抗がん剤開始前の1週間①~⑫
--------------------
▼2つのランキングに参加中です。応援クリック頂けると更新の励みになります!


にほんブログ村 漫画ブログへ

▼LINEにブログ更新のお知らせが届きます


▼Twitterでブログ更新情報もお知らせしてます


▼Instagramでブログ過去記事を載せてます
export